パソコンのデータを誤って消した場合はデータ復旧業者に頼む

パソコン内にあるデータを誤って消してしまった場合に絶対やってはいけないことがあります。
それは「システムの復元」を実行することです。

このコマンドは確かに消したデータの復元をするかのように思われますが、実際はシステムデータやデータ自体を上書きしてしまうので、「消した時点」のデータがまだパソコン内に残っている場合、そのデータすらも上書きし、消す可能性があるからです。
もし大事なデータを消してしまった時には、パソコンのデータ復旧の業者に頼むことです。

専門の業者はきちんとしたツールを所持していますので、あなたがデータをゴミ箱から消してしまっても、その時点では「フラグ」が立っているだけなので、復旧ソフトでデータが復旧する場合は多々あります。